スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Queen's English

いわゆる、British English ですが、私は、この「音」が苦手です。
最近、面白そうだな、と観てみる映画、こいつ、だった時には、観るのをやめることがあります。
ごめんなさい、映画達。

歴史での英語は、もちろん、英国の英語だろうな。

映画、なので、NO で逃げます。


Thank you.

MY WEBSHOP
http://www.odoriyarecords.com
スポンサーサイト

theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:kaoru ( かおる )
ようこそ、お越しいただきましてありがとうございます。
USAから日本へ入ってくる、言葉や文化、習慣などは、思いもよらない形になって伝えられることがほとんどです。
探究心が強いのか、、、自分が納得するまで調べてしまいます。
自分なりの真実が見つかると、すっきりします。

Don't be shy. Hit on your comment !!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。